ミスターマリンは器材メンテナンスと 器材販売の専門店です

オーバーホール工房

  • HOME »
  • オーバーホール工房

ミスターマリンオーバーホールの特徴

完璧なメンテナンスをめざす 私たちの30年間変わらぬ姿勢です。

ミスターマリンのオーバーホールは、フルメンテナンスを基本にお預かりいたします。
これは、1stステージのみや2ndだけという単体でのオーバーホールは器材の本来の性能を発揮できないと考え、1st・2nd・OCT・ゲージ・INホース等セットの状態で最善 の調整をしたいのです。
相当古い器材でも修理・メンテナンスをお受けできますが、ご自分で分解したり、改造したものはメーカー指導でオーバーホールできない決まりになっ ています。
また3年以上オーバーホールしていないものや、状態の悪いものの中には、残念ですがオーバーホール不能でお断りする場合もございますのでご了承下さい。

特徴1

値段の安さは競いませんが、丁寧さでは世界一を目指しています。

いくら安くても「分解しないで丸洗い」や「やったふり」「アルバイトまかせ」では困ります。

大事な器材を任せられる安心できるメンテナンスサービスをお選び下さい。

洗浄前      →     洗浄後

  →  

  →    

  →  

  →  

特徴2

ご自分のレギュレーターの中が見たくありませんか?
分解したご自分の器材をご覧になりたい方はお申し込み時に御予約ください。
遠方の方、ご来店できない方には分解写真のメール添付をサービス致しております。
ご希望の方はお申し付け下さい。
※ひどく錆びている場合や、破損している箇所はご希望がなくてもメール添付
させて頂く場合がございます。
★ミスターマリンでは30年も前から問題個所の写真をお客様へ郵送してきました。
多分、世界で一番早い?)
今ではメールで画像を添付。いち早くお客様と連絡がとれるようになりました。

特徴3

ミスターマリンは皆様の大事な器材を「我が子」のように大事に扱い、使う人の身になって点検・オーバーホール致します。
また、メンテナンスメンバーに登録させて頂いた皆様には器材メーカーリコール情報やトラブル情報などを発信させて頂いております。
器材の不調は海に行ってから気づくものです。定期的なオーバーホールで安心して潜りましょう。

特徴4

急に海に行く予定が出来た、オーバーホールに出すのを忘れていた、という方の為にミスターマリンでは、通常仕上げに3000円プラスで特急仕上げ(要予約)も行っています。
到着後2日~4日後のお渡しになります。
(3年以上オーバーホールしていないものや、状態の悪いもの、生産終了の為パーツ入手が困難なものの中には、残念ですがオーバーホール不能でお断りする場合もございますのでご了承下さい。)

 

価格

お問い合わせ頂ければ、他社器材にも対応が可能です。
通常O/Hはお預かり後8日~14日頂いております。
(特急仕上げの場合は2日~5日)

お申し込み・お問い合わせは必ずメールもしくは下記のフォームでお願いします

オーバーホール申込

お持ち込み方法
持ち込み方法:事前連絡の上、 ショップに直接持込んで頂くほか、
お送り頂くことも可能です。
送料はお客様のご負担となりますことご了承願います。 返送料は当社が負担
させて頂きます。(総額1万円以下の場合は送料実費が掛かります)

お受け取り方法
ショップに直接引き取りの場合支払いは現金でお願いします。

配送の場合は、代金引換便(別途代引手数料300円)をご利用頂くか、
オーバーホール終了後指定の口座にお振込み頂き、ご入金後、お客様に
返送させて頂きます。 (国内は北海道~沖縄まで返送料弊社負担)

※返送料は弊社にて負担させて頂きますが、お振込みの際の手数料はご負担下さい。
また代引便ご利用の場合、代引手数料\400を合わせてご請求させて頂きます。
※ご要望欄にお支払い方法と、到着希望日・時間指定をお書き添えください。

ミスターマリンオーバーホールの歴史と考え方

ミスターマリンは会社設立の85年からずーっと変わらず器材メンテナンスを受け付けて居ます、これはショップを始める前の10年間の杉山の趣味?だった道具作り・器械壊しから端を発している。

その頃のワンパクダイバーはみんなそうだったが古い器材を集めてきてひとつのレギに再生したり、高くて買えない水中銃を自作したり、さらに高嶺の花だった「オイミッヒノーチカ」という昔のドイツ製水中8mmカメラの代わりに国産「フジカシングルエイト」の水中ケースを自作したり、それらを作る為の工具も自作したりが大好きだったし壊れて使い物にならない器材を再生することこそ生きがい?だった。

そんな男が始めたショップでしたから、得意分野の潜ってモノ(獲物?)を探す事と道具の修理が中心になりました。

当時器材メンテナンスとダイビングツアーツアーが中心のショップなんか無かったのです、その頃から一風変わったショップらしくないところでした。

いわゆるバブル期の都市型ショップのスタイルは講習生を募集してバンバン器材を売りつけることが正しいあり方だったのです。
ミスターマリンはというと、講習は90%がメンバーの紹介でした、そして講習にはオールレンタルで4.5日の実習、紹介者に報いるため?それはそれはたっぷりじっくりの強化合宿でした。

そんな講習を受けてくれた皆さんはほぼ100%の方が海が好きになってくれて、継続してツアーに参加してくれました。
そして、100%の方が1年半以内に器材を買ってくれました。

自分が本当に良いと思った器材を売ったのですから、最良のコンデションで使って欲しいと年会費を(当時は年会費を取るショップがほとんどでした)6000円頂き毎年全員のO/Hを冬季中に行いました。

今から18・9年も前の話ですが、今と同じくらいの年間200台くらいのO/Hをやっていたのです。

本当に安心して潜るためには、信頼できる器材を使うべきです。そのためには信頼できるところで、毎年の点検調整をするべきです、文字通り「命の綱」なのですから。とはミスターマリンの変わらぬポリシーです。

しかし、残念ながらその意識が薄いダイバーが多い、これは、指導者に原因があるのでしょう、「もったいないからO/Hなんかしないで大丈夫だよ!僕なんかこんなボロボロで」とかいっているINSTが居たらそれこそ要注意でしょう。

自分は貧乏INSTだから「O/H代がもったいない」のはそれで良い!

だが、お客様は社会的にも地位のある方々です、「もったいないのはO/H代より”命”」です、「是非メンテナンスを受けてください」というINSTこそ、本当にゲスト思いの信頼に足る人物でしょう。

もっというなら、ボロボロの器材でメンテナンスもろくにしていないような道具でゲストをガイド・指導するなんて「もってのほか」なんです、失礼です。

お金を貰って海を紹介するならゲストから見ても安心できる装備が必要です。

TEL 03-6659-4939 月~金 12:00~20:00 
木曜日・土・日 12:00~18:00

facebook

PAGETOP
Copyright © Mr.marine All Rights Reserved.