ミスターマリンは器材メンテナンスと 器材販売の専門店です

グアム・サイパン・・「近頃海事情」

  • HOME »
  • グアム・サイパン・・「近頃海事情」

2000.03  老人鯵記
この1月に7年ぶりぐらいにグアムと1年ぶりのサイパンで潜って来た。20年前~10年前までは毎年2~4回も行っていた所である。冬の間に海外の海でと言うとグアム、サイパン、フィリピンだった。もちろん他のバリやモルジブも(初めはマルジブと言っていた)行ったが莫大に費用がかかり手軽ではなかったのです。
その久しぶりのサイパンで驚いたのなんの!
その1・・ゴルフのオジサン達でいっぱいなこととチャイニーズマッサージ姉さんの客引きの多さです。グアムでもゴルフアーは一杯でしたがHOTEL周辺の町並みの変わり方にびっくり、部分的ですがハワイ風?になりブランド買いに走るおねーさんも多くわたしもつられて毎日ダイビングの後は各ショッピングセンターをつなぐバスでぶらり・・・買い物好きにはいい島になりましたねー。
さてさてその2は・・グアム、ダイビングですが某ショップへぶらりと行き申し込み、1日目にブルーホールへ、ガイドは陽気なアメリカ女性で普段は看護婦さん、ショップに契約していて休日にお客が入ると借り出されるようだ。ちなみにショップのボードにはそういったスタッフの名前がずらりとあった。
乗合のボートはブルーホールにアンカーリングしたが、私がINSTなのでか他グループにビギナーが多いせいか?私達だけドリフトでいいと言う、???と思いながらもエントリー、ホールの入り口の10M横にアオマスクがっ・ ・・あっスミレナガハナダイだ・・・なんて思っているとガイドさん完全に無視(というか興味なし)でどんどん穴をくぐり先を急ぐ・・おやおやと思いながらも後を追うが完全に潮は向かい潮で前を行くでかいプラスチックフィンとでかいおしりでもみるみるスピードが落ちる、こちらはNAUI.JAPAN有志指導員がTESTをくりかえして共同開発の「PFミュー」で細身のゴムフィンと長年鍛えた細身だが筋金入りの足負けるわけはない。
ドロップオフぞいの潮の弱そうなところをえらんで鼻歌交じりに小物を探しながら着いていくと、30分ぐらい泳いだころ極端に彼女のスピードがにぶり「浮上しよう」と合図してきた「今上がってもボートはアンカーリングしててまだこないだろー」と思いながらもOK!浮上!案の定ボートは全く見えない・・・しばらく陽気に振舞っていた彼女も不安になったのかシグナルフロートを出して膨らます・・がっ、水面上でエアーを入れているので膨らまない・・・そのうちなんと口をつけて空気を入れているがうまくいかない。見かねて水中で入れてあげ、くちをつかんで水中で持つように教えた・・・・。しばらくしてボートがやってきてエキジット、彼女いわく「フロート使用は初めてなの」。一生懸命やってるので悪くは言いたくないが、これが私でなくビギナーのお客さんだったらどうなんだろう?と考えてしまった。
この景気の悪さはダイビング業界にも大いに影響しているのでいろいろなサービスもスタイルを変えている、常勤のベテランSTAFFを置くよりこういったアルバイトスタッフをたくさん育てる方法を取るところが増えている、サイパンでもこういった女性ガイドにあったが、休みのたびにただで潜れるので・・と言う。でも・・休みに半分遊びで潜る人に何も知らないお客さんはお金を払って命を預けるの? 私もこの仕事をしながら前から疑問に思うことがたくさんある。サービスはカード見せろだの何本経験している?だの聞くけど、お客さんはガイドのカードや経験の証明は取れない。更に免責書類なるものを書かされるあの「死んでも文句はいいません」みたいなやつです。絶対おかしいですよね! 馬鹿なインストの過失で殺されても文句言うな・・ったってそんなの納得いかないよね。
あれは誰だって書きたくないけど書かなきゃ潜らせないってんで仕方なく書くんで。なんたって始めて1年弱で70本潜ってインストラクターになれる時代です。それも静かな湾内講習ばかりの経験で。逆にインストが、「私は何年で本数は何本でこれこれの海で修行をしました。ですから絶対あなたの安全は私の命にかけてお守りします。」と一筆書くのが必要じゃないの? なんて言うと業界からにらまれる? 別にいいさ 本来取るように指導されている免責書類だってうちは使ったこともないし。しかし、あの書類は裁判でも役に立たないと思うんだけどなー。
個人的に海外へ行ったりすると私も書かされるのですが、いやなもんだが腹の中で「ガイドのおまえが流されても俺は一人で生きて帰ってやる」と言いながらサインするんです。話が横にそれたが皆さんもインストラクターやガイドを見る眼を養うことも必要でしょう。ショップやサービスのスタイルはノリが命のお祭り系、サークル系、体育会系といろいろです。自分に合ったところで安全に楽しんでください。
ちなみにミスターマリンは若干体育会系寄りですか?
やっぱりこの業界も「いい仕事をする」より、「上手な商売をする」ところに 集まるのですね、広告の大きさが安心感なのでしょうか?

TEL 03-6659-4939 月~金 12:00~20:00 
木曜日・土・日 12:00~18:00

facebook

PAGETOP
Copyright © Mr.marine All Rights Reserved.